Dear CNBLUE*

韓国K-POP・ロックバンドグループ『CNBLUE』を応援するブログです

Re:BLUE*

1301150319112_1-1.jpg

Recent Entry**

>>ALL

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


icon_45_1.gif
ブログ村ランキング 人気ブログランキング


>>エンタメチケットの予約・購入は「チケットぴあ」で
>>iTunes Originals - iTunes Store

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

[記事]“CNBLUE”盗作疑惑に続きマネージャーがファンを暴行  

CNBLUE記事

[記事]“CNBLUE”盗作疑惑に続きマネージャーがファンを暴行(2010/02/15)

盗作疑惑に巻き込まれた4人組バンド“CNBLUE”が今度は暴行のため非難の対象になった。彼らのマネージャーがファンを暴行したというのだ。

14日、インターネットポータルサイトでは“CNBLUEマネージャーが暴行”という映像が急速に広がっている。
車から降りるCNBLUEメンバーのそばに立っていた男性が周囲を取り巻いた女子学生ファンの頭を手の平で何回叩いた姿が映っている。ネットユーザーらは「ファンが何かの過ちを犯したのかもしれないが、あのように暴力を振るうことは過ち」「歌手を一目見るために待つファンを無惨に叩くマネージャーがどこにいるのか」と非難している。

マネージメント会社のFNCミュージックはCNBLUEのサイトに“CNBLUEマネージャー事件関連謝罪文”を載せた。「動画は今月11日午後、ソウル汝矣島KBSの駐車場でKBS第2『ミュージックバンク』リハーサル直前のこと」としながら「ファンがCNBLUEメンバー、イ・ジョンヒョンを押し倒してしまうところだった。これにマネージャーが過激な行動を起こしてしまった」と明らかにした。「しかし、どんなときでも過激な行動をしてはならないということは分かっている」とし「該当マネージャーは今回のことで懲戒処分して責任を負わせた」としながら「二度とこのようなことが起こらないようにマネージャーの教育を徹底させる」と伝えた。

CNBLUEは先月14日、デビューアルバム『Bluetory』をリリースして収録曲『ひとりぼっち』で活動を始めた。『ひとりぽっち』はインディバンド“Ynot”が2008年5月にリリースした『パランセ(青い鳥)』とリフレーンが似ているというなどの理由で盗作疑惑を受けた。[映像=ファンサイト、キャプチャー=innolife]
どうして彼らの周りで騒動が起きてしまうのだろうか・・・・。
『盗作疑惑』の件はまだしも、今回の暴行騒動はいただけないです。

動画を見ましたが、明らかに殴りかかっているという感じ。
これから・・・という彼らの大切な時期に、本当にマネージャーがそんなことするだろうか?さえ思ったくらい。
でも、実際に起こってしまった事件なのです。
ほんと残念・・・です。
関連記事
スポンサーサイト


icon_45_1.gif
ブログ村ランキング 人気ブログランキング


>>エンタメチケットの予約・購入は「チケットぴあ」で
>>iTunes Originals - iTunes Store

category: C.N.Blue

thread: 韓国エンタメ - janre: アイドル・芸能

tag: CNBLUE  シーエヌブルー 
tb: 0   cm: 2

コメント

本当に残念。

はじめまして。
わたしも。CNBLUEの歌が大好きでファンになりました。
本当に残念なニュースでしたね。
メンバーたちの気持ちを考えると辛くなりますね。

ゆう #- | URL
2010/02/16 22:21 | edit

ゆうさんへ

はじめまして、ゆうさん。
本当に残念としか言いようがありませんね。
しかし、またひとり、CNBLUEのファン増えて嬉しいです。
これからもよろしくお願いします~♪

はるな* #- | URL
2010/02/18 23:09 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dearcnblue.blog122.fc2.com/tb.php/52-20eb026d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE*

Thanks!

Facebook*

よく読まれている記事

CNBLUE:Debut

CNBLUE【Member】

CATEGORY*

LINK*

QR*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。