Dear CNBLUE*

韓国K-POP・ロックバンドグループ『CNBLUE』を応援するブログです

Re:BLUE*

1301150319112_1-1.jpg

Recent Entry**

>>ALL

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


icon_45_1.gif
ブログ村ランキング 人気ブログランキング


>>エンタメチケットの予約・購入は「チケットぴあ」で
>>iTunes Originals - iTunes Store

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

CNBLUE◆Interview◆[インタビュー記事]シエンブルル"盗作是非? お金与えてもできない貴重な経験しましたよ"  

CNBLUEインタビュー記事

[インタビュー記事]シエンブルル"盗作是非? お金与えてもできない貴重な経験しましたよ"(2010.06.14)

グループ シエンブルルが二番目アルバム'プルルロブ'に帰ってきた。

すっきりしていた容貌はもちろん、優れた音楽性を整えたこれらのカムバックの便りは多くの女性ファンらの心をときめくようにするので(に)充分だった。

タイトル曲'ラブ'はパステルトーンの明るい愛歌でさっぱりしたチョン・ヨンファのボーカルが引き立って見える曲だ。 アコースティックな感じで始まった歌は強烈なビットにつながって聞く人に風変わりな感じをプレゼントする。

シエンブルルはすでに'孤独な人が'で新人にふさわしくない人気を享受しただけ今回のアルバムに対する負担感がより大きかったと打ち明けた。

"その間身に余る愛をたくさん受けたのではないですか。 それで今回のアルバム準備する間本当に負担がたくさんなりました。"(チョン・ヨンファ)

"その愛に報いるためにはより一層多くの努力を傾けなければならないと考えました。 だから今回のアルバムを準備しながらメンバーら全部作業にたくさん参加をしましたよ。 おもしろく準備したようで満足しています。"(イ・ジョンシン)

シエンブルルのインタビューを進行しながら必ずもう一度確かめて行かなければならない問題があった。 '盗作是非'がすぐにそのこと.

これらはデビュー曲'孤独な人が'というアンダーグラウンド ロックバンド ワイナッの歌'青い鳥'と盗作言い争いがおきてメンバーら全部長い間の期間の間精神的苦労をした。 だが、忍苦の時間を送っただけ習った点も多かった。

"他の見方をすればお金与えてもできない良い経験をしたと考えます。 そのこと以後さらに熱心に音楽をしたことのようです。 また、事件に対処する内面空白も積もりましたし。"(イ・ジョンシン)

"思いがけない事件に大変だったりしたが私どもに対する大衆の関心があったのでおきたことだと考えます。 より一層熱心にしなければならないという気がしましたよ。"(イ・ジョンヒョン)

色々な事件を体験して一層さらに成熟したシエンブルルは近い将来日本でアルバムを出して現地活動にも出る予定だ。

その間日本でミニアルバム2枚と正規アルバム1枚、デジタル シングルアルバムなどすでにかなり多くのアルバムを発売したシエンブルルはすでに日本アンダーグラウンドでは結構知られている状況.

"日本ではクラブ公演を主としました。 公演に対する全般的なことらを習ったといいましょうか? その時習ったものなどで現在の舞台を導いていっているといっても過言ではないです。"(カン・ミンヒョク)

"当時舞台委で楽しむことができるマナーらをたくさん習いましたよ。 その時経験らでもう少し自然なポーズと顔表情が可能になりました。"(チョン・ヨンファ)

このような日本と韓国での人気を追い立ててシエンブルルは来る7月末国内では初めて1000席余り規模の初めての単独公演を開く予定だ。 シエンブルルは観客数に関係なしで国内で初めての公演であるだけに最善を尽くすという覚悟だ。

"小劇場規模の公演は観客らとご一緒する空間が近くてとても楽しいです。 今回の初めての単独公演後にも着実にしていきたい小さい風があります。"(イ・ジョンヒョン)

これらはインタビュー終わりでシエンブルルマンの音楽的色を訪ねて行くのにより一層努力するとして覚悟を伝えた。

"国内ではバンドとして認められるのが大変でしょう。 大衆方々がバンドというもの自体に偏見を持っていて、好むジャンルが片側に偏って見たらやさしいだけではなかったんですよ。 このことやはりシエンブルルが解かなければならない宿題と見ます。 前に音楽的に新しい試みをたくさんしながらシエンブルルマンの色を訪ねて行くようにさらに努力しなければならないですね。 もちろん大衆方々の口に合う音楽も着実にするつもりです。"(シエンブルル)

無限の潜在の可能性を持ったシエンブルルが前にどんな色で自分たちの音楽を彩っていくのか全く期待される。

パク・ゴンウク記者kun1112@<(c)アジア経済&ストゥダッコム(stoo.com)が作ってきたオフライン演芸ニュース>

CNBLUEインタビュー記事
CNBLUE~インタビュー記事でした。
先日も別のインタビューをアップしましたが、内容的には同じような感じになっていますね。
しかーしっ!!先日の新緑をバックに笑顔メンバーたちとは違い、今回は笑っている顔のない写真になっています。
そのあたりがインタビュー側の個性?ていうことでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト


icon_45_1.gif
ブログ村ランキング 人気ブログランキング


>>エンタメチケットの予約・購入は「チケットぴあ」で
>>iTunes Originals - iTunes Store

category: C.N.Blue(インタビュー記事)

thread: CNBLUE - janre: アイドル・芸能

tag: CNBLUE  シーエヌブルー 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dearcnblue.blog122.fc2.com/tb.php/322-32e4457d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE*

Thanks!

Facebook*

よく読まれている記事

CNBLUE:Debut

CNBLUE【Member】

CATEGORY*

LINK*

QR*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。